快適な環境で行なう人工透析の治療|最新の医療機器が搭載されている

女医

新しい治療と術後対応

頭を押さえる人

後遺症やリハビリ

病気の治療をした後、完全に病気になる前の状態に戻れることもあれば、後遺症として一定の症状が残る場合もあります。症状が残れば生活がしにくくなるかもしれません。それを意識して治療を受ける必要があります。脳腫瘍は、脳に腫瘍ができる大変な病気になります。腫瘍が広がっていれば治療が難しくなりますが、状態によっては切除することによって治療ができます。脳腫瘍の治療では脳の切除があるので、脳の機能が部分的に使えなくなります。脳はいろいろな活動の命令を下す器官なので、脳の機能が使えなくなる後遺症が出る場合があります。そのために手術後にはリハビリを行います。手術後にリハビリを行うことで、日常生活が送れるようにしてもらえます。

開頭しない手術もある

脳腫瘍が見つかり切除が必要な場合、手術によって取り除くことになります。頭は皮膚の下に頭蓋骨があります。ですから、まず頭蓋骨を削り、そのうえで患部を取り除きます。解凍手術は大変な作業になります。大変な治療になると体への負担も大きくなりますし、リスクも高くなります。この時に、開頭しないで受けられる治療法を知っていると、その理療法を受ける選択肢を取れるようになります。脳腫瘍で開頭しない方法として、放射線を利用する方法があります。ガンマナイフと呼ばれる装置を用いて、体の外から放射線を当てます。患部に放射線が当たることで、主要部分を焼いて死滅させられます。患者の負担は非常に少なく、手術時間もかなり短くなります。