快適な環境で行なう人工透析の治療|最新の医療機器が搭載されている

女医

健診を受ける

ナース

症状に気が付いたら

血糖値のブドウ糖が増えすぎた状態を高血糖といいます。その数値である血糖値が基準値を超えると糖尿病と診断されます。現在糖尿病はその原因によって分類されていますが、小岩の患者の約95%は2型糖尿病といわれています。1型糖尿病とは違い、2型は遺伝的素因に加え、偏食や食べ過ぎによる肥満、運動不足、過度のストレスなどの生活習慣が原因です。糖尿病は進行しても痛みの自覚症状があるわけではないので、生活習慣のセルフチェックと検査が発見の鍵を握っています。喉の渇きや手足のしびれ、視力が落ちたような気がする、尿の回数が増える、足のむくみなどの症状に気づいたら、放置しないで小岩の病院で健康診断を受けることが重要です。

生活習慣の改善が大事

糖尿病は基本的に血液検査の数値で判定されます。健診の結果で血糖値が高いと指摘されますが一般的な健康診断で行われるのは検査当日の朝から絶食して測定される空腹時血糖値でこれが基本データとなります。基準値を超えていれば空腹時血糖異常と判定され、糖負荷試験をして食後血糖値を検査します。またグリコヘモグロビンのHbA1cの値も測定します。糖尿病の発症を防ぐには何と言っても生活習慣の改善が大事です。発症してしまった後も治療の基本は食事療法と運動療法です。治療を続けても効果が出ない場合は薬物療法を行いますが、いくら血糖降下薬を服用してグリコヘモグロビンのHbA1cの値が下がっても、乱れた生活習慣のままでは症状は進んでしまいます。また、小岩の医師から定期的な通院治療が必要と言われたらと、にかく小岩の病院へ通うことが大切です。